コレステロールは何に良いのか?

*最終更新日 🗓 10th 12月 2021

illustration of liver in human body

コレステロール値が高いと、放置しておくと心臓病を発症するリスクがあります。コレステロールが多すぎるのは健康的ではありませんが、体内で必要不可欠な機能を果たすためにはコレステロールが必要です。だから、完全にそれなしで行くことはできません。

しかし、その効果を知っている人は少なく、医学の専門家でさえも、コレステロールが体の中で果たす多くの役割を発見しています。

コレステロールとは?

コレステロールとは、柔らかいロウソクの蝋に例えられる蝋状の化合物で、ステ

ロールの一種です。ステロールは植物や動物の組織に含まれる脂肪の一種ですが、動物にはコレステロールの量に差があります。必要なコレステロールの多くは肝臓で生産されていますが、食事からも摂取することができます。鶏肉、牛肉、卵、乳製品などの動物性食品にはコレステロールが含まれています。

コレステロールは何をしているの?

コレステロールは悪いラップを取得する傾向がありますが、それはまた、体内でいくつかの重要な機能を実行します。

  • コレステロールは、細胞の膜や構造を形成したり維持したりする役割を担っています。コレステロールは、細胞を構成する脂肪分子の間に挿入し、膜をより流動的にします。また、細胞は温度の変化に適応するためにコレステロールを必要としています。
  • コレステロールは、ストレスホルモンであるコルチゾールを含む多くの重要なホルモンを作るために不可欠です。コレステロールはまた、性ホルモンのテストステロン、プロゲステロン、エストロゲンを作るのにも使われます。
  • 肝臓はコレステロールを使って胆汁を作りますが、これは脂肪の処理や消化に重要な役割を果たす液体です。
  • コレステロールは神経細胞で絶縁のために使用されます。
  • コレステロールはビタミンDを作るためにも必要です。

善玉コレステロールと悪玉コレステロールの違い

コレステロールがとても必要なものであるならば、なぜ”悪玉”と表現されることもあれば、”善玉”と表現されることもあるのでしょうか?

肝臓はコレステロールを、脂質(脂肪)とタンパク質の組み合わせであるいわゆるリポタンパク質にパッケージ化しています。リポタンパク質は、コレステロール、中性脂肪、脂溶性ビタミンなどの他の脂質、および他の物質を必要とする細胞に血流を介して運ぶ通勤バスのように動作します。

  • 低密度リポタンパク質は、時々 “悪玉コレステロール”と呼ばれる、それの高レベルは、心臓病のリスクを増加させることに関連付けられているという事実から、その悪い評判を取得します。LDLはタンパク質よりも多くのコレステロールを含んでおり、重量が軽くなっています。LDLは血液中を移動し、コレステロールを必要とする細胞に運ばれます。酸化すると、LDLは炎症を促進し、心臓や体の他の部分の血管の壁に脂質を強制的に蓄積させ、プラークを形成します。これらのプラークは厚くなり、影響を受けた組織や臓器への血液や栄養素が制限されたり、完全にブロックされたりすることがあります。
  • HDL(高密度リポ蛋白)は、一般的に「善玉コレステロール」とも呼ばれています。HDLは、より多くのタンパク質とより少ないコレステロールが含まれているため、LDLよりも重いです。HDLは、細胞からコレステロールを取り出して肝臓に運ぶという事実から、その良い評判を得ています。HDLの高いレベルを持つことも心血管疾患を発症するリスクを下げるのに役立つかもしれません。
記事のソース

  1. Krause MR, Regen SL.細胞膜におけるコレステロールの構造的役割:凝縮された二重膜から脂質ラフトへ。Acc Chem Res. 2014;47(12):3512-21. doi:10.1021/ar500260t
  2. ハーバード・ヘルス出版。どうやって作られているのか:体内でのコレステロールの生成2019年7月31日更新。
  3. Zhang J, Liu Q. 脳内のコレステロール代謝と恒常性。Protein Cell.2015;6(4):254-64. doi:10.1007/s13238-014-0131-3
  4. MedlinePlus.LDL:「悪玉」コレステロール。2019年4月18日更新。
  5. Navab M、Reddy ST、Van lenten BJ、Fogelman AM。HDLと心血管疾患:アテローム性およびアテローム保護メカニズム。ナットレブカーディオール。2011;8(4):222-32. doi:10.1038/nrcardio.2010.222

追加の読み物

  • ディピロJT、タルバートRL.(2014).薬物療法.病態生理学的アプローチ、第9版。
  • ホイットニーENおよびSRロルフス。(2015).理解栄養、14ed。ワズワース出版。
Scroll to Top