ベリベリの原因と治療法

*最終更新日 🗓 10th 12月 2021

チアミン(ビタミンB群の一種)が不足していると、ベリベリと呼ばれる深刻な状態に陥る危険性があります。非常に多くの食品にはチアミンが豊富に含まれているので、ベリベリは、米国では非常にまれです。しかし、アルコールの乱用や特定の医学的問題は、チアミン欠乏症のリスクを高める可能性があります。

ビタミンB1としても知られるチアミンは、炭水化物をエネルギーに変換する際に重要な役割を果たしています。また、筋肉の収縮だけでなく、神経信号の伝達や適切な消化に不可欠な酸の生成にも関与しています。チアミンは主に骨格筋に集中していますが、脳、心臓、肝臓、腎臓にも含まれています。

ベリベリを放置しておくと、エネルギーレベルが著しく低下し、心臓や神経系に生命を脅かすような問題を引き起こす可能性があります。

An older woman who has fallen in her home

タイプ

ベリベリには、循環器系に影響を与える「湿性ベリベリ」と神経系に影響を与える「乾性ベリベリ」の2種類があります。湿潤性ベリベリは心臓の筋肉組織に損傷を与える可能性があります。また、心臓が体のニーズを満たすために十分な血液をポンプで送ることができないうっ血性心不全に関連付けられています。

ドライベリベリは神経を傷つけ、筋力の低下や、最終的には麻痺を引き起こす可能性があります。この状態が早期に発見され、治療されれば、神経系への損傷は通常可逆的です。早期治療の欠如は、永久的な記憶喪失などの合併症を引き起こす可能性があります。

ウェルニッケ・コルサコフ症候群は、チアミンの欠乏によって引き起こされる脳障害の一種です。通常、ウェルニッケ病の症状は最初に現れます。症状には、錯乱、筋肉の協調性の喪失、眼振(急激な、制御されていない眼球運動)などの視力の変化が含まれます。コルサコフ症候群は後に発症することが多く、記憶喪失、新しい記憶の形成困難、幻覚、作り話(コンファビュレーションと呼ばれる)などの症状を伴う。

原因

飲酒は、体がチアミンを吸収・貯蔵する能力を大きく阻害するため、アルコールの乱用は、今日のベリーベリベリの主な原因の一つとなっています。

ごくまれに、遺伝的な疾患としてベリベリが起こることもあります。この状態の人の中には、食品からチアミンを吸収する能力が年齢とともに徐々に弱くなっていく人もいます。

さらに、母乳で育てられた乳児は、母親の体が十分なチアミンを欠いている場合に、ベリベリ症を発症することがあります。

リスク要因

アルコールの乱用とともに、長期にわたる下痢や妊娠に伴う嘔吐などの問題も、ベリベリの危険因子の一つです。

さらに、透析を受けていたり、高用量の利尿剤を服用していたり、肥満手術を受けていたりすると、チアミン欠乏症のリスクが高まります。また、甲状腺機能亢進症、エイズ、重度の肝臓病を患っている人は、この状態になりやすいかもしれません。

症状

湿性ベリベリの症状としては、以下のようなものがあります。

  • 心拍数の増加
  • 息切れ(夜の覚醒を含む息切れ)
  • 下肢のむくみ

濡れたベリベリがうっ血性心不全を引き起こす場合、個人は以下のような症状を経験することがあります。

  • 首の静脈の膨らみを伴う呼吸困難
  • 心臓が大きくなった
  • 肺の中の液体
  • 急激な心臓の鼓動

乾燥ベリベリの場合は、典型的には以下のような症状があります。

  • 歩行困難
  • 手足の感覚の喪失
  • 筋機能の低下や下肢の麻痺
  • 精神的混乱
  • 痛み
  • 言語障害
  • 奇妙な目の動き
  • チクチク
  • 嘔吐

防止策

バランスのとれた食事を心がけることが、ベリベリの予防には一番の近道です。チアミンを摂取するには、以下の食品を積極的に摂りましょう。

  • 豆類と豆類
  • 乳製品(ヨーグルトなど
  • 肉・鶏肉・魚
  • ナッツと種
  • チアミン入りの朝食用シリアル
  • 全粒粉

以下の野菜にもチアミンが多く含まれています。

  • どんぐりスカッシュ
  • アスパラガス
  • ビート菜
  • 芽キャベツ
  • ほうれん草

チアミンを不活性化する酵素であるチアミナーゼを含む食品が多数あることに注意が必要です。これらの食品には以下のようなものがあります。

  • 貝類
  • 精米
  • ムール貝
  • エビ

このような食品の摂取を制限することも、ベリベリの予防に役立つかもしれません。

処置

ベリベリの治療は、体内のチアミンレベルを回復させることに重点を置いています。患者さんの中には、チアミンサプリメントで治療する人もいれば、チアミン注射を受ける人もいます。

ほとんどの場合、ベリベリの治療を受けることで症状が緩和され、心臓や神経系へのダメージが回復します。

ベリベリ(およびウェルニッケ・コルサコフ症候群)の治療に失敗すると、心臓および/または神経に永久的な損傷が生じ、昏睡、精神病、さらには死に至ることもあります。

ビタミンB群の補給

大酒飲みの方は、ビタミンB群のサプリメントを飲むことは、ベリベリの予防策としては推奨されていません。物質乱用・精神衛生管理局404によると、アルコールの大量使用とは、過去1ヶ月間に5日以上の日に乱飲み(女性は4杯程度、男性は5杯程度の飲酒)をすることと定義されています。

あなたがチアミン欠乏症の兆候を経験している場合は、できるだけ早く医師に相談してください。

記事のソース

  1. 心性 ベリベリ症の一例:忘れられていたが記憶に残っている病気である。Korean Circ J. 2013;43(8):569-72. doi:10.4070/kcj.2013.43.8.569
  2. Shible AA、Ramadurai D、Gergen D、レイノルズPM。 末梢神経障害とギランバレ症候群を模倣したウェルニッケ脳症に伴うチアミン欠乏によるドライベリベリ:症例報告と文献のレビューAm J Case Rep. 2019;20:330-334. doi:10.12659/AJCR.914051
  3. Bravatà V、Minafra L、Callari G、Gelfi C、Edoardo grimaldi LM。散発性の beriberi のチアミントランスポーター遺伝子の分析ニュートリション。2014;30(4):485-8. doi:10.1016/j.nut.2013.10.008

追加の読み物

Scroll to Top