筋痙攣やけいれんの原因

*最終更新日 🗓 11th 12月 2021

Muscle Cramp Causes

筋肉の痙攣や筋肉の痙攣を経験したことがある人は、それらが非常に痛みを伴うことを知っています。場合によっては、筋肉が強く痙攣して皮膚にあざができることもあります。

ほとんどの筋痙攣やけいれんは、筋肉の不随意の収縮です。重度の筋痙攣は自分では解けず、短縮した筋肉を弛緩させて長くするためには、手動でのストレッチが必要である。

痙攣には、筋肉の一部が関与している場合もあれば、グループ内のすべての筋肉が関与している場合もあります。最も一般的に影響を受ける筋肉群は以下の通りです。

  • 下腿/ふくらはぎの後ろ側(腓腹筋
  • 太ももの裏(ハムストリングス
  • 太ももの前面(大腿四頭筋
  • 足、手、腕、腹部

筋痙攣の強さは、わずかな痙攣やチックから激しい痛みまで様々です。痙攣した筋肉は岩のように硬く感じ、数秒から数分以上続くこともあります。

痛みが和らいだ後、完全に治まるまでに何度か再発することも珍しくありません。

ふくらはぎの歪みについて知っておくべきこと

筋肉のけいれんの原因

筋肉のけいれんの正確な原因はまだわかっていませんが、最もよく引用される説は以下の通りです。

  • 神経筋制御の変化
  • 脱水
  • 電解質の枯渇
  • コンディション不良
  • 筋肉疲労
  • 新しい活動をする

筋肉のけいれんと関連している他の要因としては、猛暑の中での運動が挙げられます。

アスリートはプレシーズン、激しい運動や長時間の運動の終わり近く(または翌日の夜)にけいれんを起こしやすいため、コンディショニング不足がけいれんにつながると感じる人もいます。

神経筋のコントロールとけいれん

これらの理論はすべて研究されていますが、研究者たちは、「神経筋制御の変化」という仮説が、運動関連筋けいれん(EAMC)を引き起こす主要な病態生理学的メカニズムであるという証拠をより多く発見しています。

神経筋制御の変化は、多くの場合、筋疲労と関連しており、その結果、筋の協調性や制御性が損なわれます。

ケープタウン大学のMartin Schwellnus氏が行った文献のレビューによると、筋痙攣の原因として「電解質の枯渇」と「脱水」の仮説を支持する証拠は説得力がない。

同氏は、これらの理論を支持する利用可能な文献を検討した結果、ほとんどが逸話的な臨床観察と、わずか10人の被験者を対象とした1件の小規模な症例対照研究であることがわかった。また、他にも4件の臨床前向きコホート研究を発見したが、これらは明らかに筋痙攣の原因としての「電解質枯渇」と「脱水」の仮説を支持していなかった。

Schwellnus氏はレビューの中で、「電解質枯渇」と「脱水」仮説は、運動に関連した筋痙攣の臨床症状と管理を適切に説明できるような、科学的根拠に裏付けられたもっともらしい病態生理学的メカニズムを提供していないと結論づけている。

彼は続けて書いている。

“神経筋制御の変化』仮説の科学的証拠は、ヒトの筋けいれんモデルの研究、けいれんを起こしたアスリートの疫学研究、動物実験データに基づいている。変性神経筋制御』仮説を支持するためにはさらなる証拠が必要であることは明らかですが、運動関連筋けいれん(EAMC)の病因の主要な病態生理学的メカニズムとして、この仮説を支持する研究データが蓄積されています。

Schwellnusは2011年に発表した210人のトライアスリートを対象とした研究では、脱水と血清電解質バランスの変化は運動に関連した筋痙攣の原因ではないことを発見しました。その代わり、予想以上に速く走った人にけいれんの頻度が高く、より激しい運動が原因の危険因子である可能性を示唆しています。

筋痙攣の治療と予防

痙攣は通常、治療をしなくても自分で治るものであり、筋肉の痙攣の正確な原因を知るまでは、どのようにしてそれを予防するかを自信を持って言うことは難しいでしょう。しかし、専門家やアスリートが最も推奨しているのは、以下のヒントです。

  • 痙攣の原因となった活動を止める
  • 痙攣している筋肉を優しくストレッチしてマッサージします。
  • 痙攣が止まるまで関節を伸ばした状態で保持する
  • フィットネスを向上させ、筋肉疲労を回避する
  • 運動後に定期的にストレッチ
  • 運動前のウォーミングアップ
  • 後ろ足をまっすぐにして両足を前に向けたスタンディングランジでふくらはぎの筋肉を伸ばす
  • 片足を折り返してもう片方の足を真っ直ぐに伸ばし、足を真っ直ぐにしてつま先と足首の力を抜いた状態で座り、少し前傾して真っ直ぐにした足の足に触れるようにして、ハムストリングスの筋肉をストレッチします。
  • 反対の手で足の甲を持ち、かかとをお尻に向かって軽く引っ張るようにして、立ったまま大腿四頭筋をストレッチします。

ほとんどの筋肉痛は重症ではありません。筋痙攣がひどい場合、頻繁に起こる場合、絶え間なく起こる場合、または気になる場合は、医師の診察を受けてください。


記事のソース(一部英語

  1. アメリカ整形外科学会。筋肉のけいれん。2017年6月更新。
  2. Bordoni B、Sugumar K、Varacallo M.筋痙攣。StatPearls。2019年6月22日更新。
  3. Schwellnus MP。運動関連筋痙攣(EAMC)の原因–神経筋制御の変化,脱水または電解質枯渇?BrのJスポーツ医学。2009;43(6):401-8. doi:10.1136/bjsm.2008.050401
  4. Schwellnus MP、ドリューN、コリンズM.は、脱水や血清ナトリウムの変化ではなく、ランニングスピードと以前のけいれんの増加は、運動に関連した筋肉のけいれんを予測する:210アイアンマントライアスリートにおける前向きなコホート研究BrのJスポーツ医学。2011;45(8):650-6. doi:10.1136/bjsm.2010.078535
Scroll to Top